Palermo(Shooting)

前回のフランスロケから1か月。
また海外ロケの仕事が舞い込んできました。

今や、欧州でも多大な人気をもつ某バンドです。
その頃はヴィジュアル系バンドだったかな。今は脱皮した感じ。

今度はイタリア。それもパレルモ島。なかなか個人では行けないです。

今回はメジャーデビューということもあり、撮影もかなり大規模で同時発売の3曲分のうち2曲を撮影。
日本からのスタッフに加え、現地スタッフも大勢ローマから来ることに。

コーディネーターとのやりとりは、FAX。まだネットなんて普及していない時代。
時差もあることから昼夜逆転、徹夜状態で準備をしていました。

今回は私は後乗りで、メンバーを引き連れて行くことに。
ロケハンで前乗りしたスタッフがなんと、到着した空港で荷物が出てこなかったと連絡が。
私たちは到着したらすぐ撮影だし、荷物は衣装だったりでそんなことがあってなくなっては困るものばかり。
スルーだった荷物を乗り継ぎのマルペンサでいったんピックアップしたい。と
アリタリア航空さんにお願いするもあまりいい返事が得られず・・・
絶対に大丈夫です、という職員の言葉を信じてスルーで預けることにしました。

マルペンサまでは無事に到着。
しかし入国審査で思わぬことが・・・メンバーたちがあまりにパスポートの写真と顔が違くて(汗)
なかなか通してもらえなかった・・・ものすごい時間がかかって大変でした・・・

乗り継ぎを待っているとなかなか搭乗が始まらない・・・
時間が過ぎて・・・何かアナウンスされてはいるけどイタリア語わかんない(T-T)
でも周りの様子をみていると、みんなため息ついたり嘆いたり・・・あまりいいことではなさそう。
そんなこんなで2時間ほど遅れてやっと搭乗開始。

すっかり夜中になり爆睡していたら到着。
うーん、でもなんか様子がおかしい・・・・ここパレルモ・・・??

荷物を取って先乗りしていて迎えに来てくれてるはずの
プロデューサーとコーディネーターをきょろきょろ探す。いない・・・。

うーん・・・・・うーん・・・・うーん・・・・

すると、英語で話しかけてくる空港職員。やっと理解!

ここ、パレルモじゃなーい!!!!!(T-T)
カターニアの空港に到着していた・・・・ちなみに地図で言うとこんな感じ。結構距離ある・・・。

到着するはずのパレルモ空港、強風のために閉鎖してしまったとのこと。
そんなわけでみんなバスに乗せられていた・・・。
距離感があまりわからなくて30分くらいで着くかと思ったら・・・・

延々何時間乗っていたんだろう・・・もうみんなグッタリして寝てるのに
ガンガン携帯が鳴ってしゃべくってるイタリア人・・・殺意さえ・・・・(自粛

到着したらプロデューサーとコーディネーターがバスに飛び込んできた!(笑)
安堵した私・・・涙~・・・(この頃まだ若かったもので・・・トラブルに慣れてなかった)
もう朝方近かったのですが撮影は押すことが出来ず、
ホテル到着した瞬間みんな寝ずにメイク開始!

パレルモと言えばゴッドファーザー!イタリアンマフィア!!
本当に色々な場所で沢山撮影しました。
が、相変わらずペーペーの私は照明さんに毎回めちゃ怒られてて常に泣いてました・・・
ほんと怖かったw 
そんな中やっぱり優しいお気楽イタリア人スタッフ(笑)本当に陽気でかなり励まされました。
(↑ やはり勤勉な日本人スタッフにとっては、少しイラっとすることも多かったよう・・・)
ホテルではしょっちゅうこっそりレストランの人にコーヒーやら食べ物もらったしw

1曲撮ったマルトラーナ教会での撮影は肌露出禁止。
むしろこんな立派な教会で撮影させてくれること自体驚きでした。
が、結局衣装がホットパンツのメンバーがいて・・・
途中お祈りに入ってきてしまった信者さんにomg….と嘆かれてしまいました。
本番以外はバスタオルを巻いていたメンバーだったのでした・・・

最終日に行った神殿。(どこだったか忘れてしまった・・・)
ここではお手洗いが近くになく、最終カットまでかなりガマンしていました。
そして撮影が終わり真っ先にお手洗いに行こうとすると警備員(イタリア人)が
自分の事務所のお手洗いをかすから車に乗れという・・・

さすがに一人はヤバいと思いプロデューサーを道連れにその事務所へ。
お手洗い一つしかなくて、まぁ、なんというか、プロデューサーがお手洗い行ってる間に
別室に連れ込まれそうになり大変でした・・・orz….
間一髪でプロデューサーが出てきてくれて助けてくれましたが
この話、尾ひれがついて、この業界では私はすっかり襲われたことになっています・・・

このロケで泊まったのはなんと4つ星ホテル。
Grand Hotel Et Des Palmes Palermo 
http://www.cormorano.net/sgas/despalmes/

治安があまり良くないのでいいホテルに泊まった方がいいとのことでした。
ほんと、素敵なゴシックホテルでした。一人一部屋。広くてちょっとさびしかった。
が、どうも幽霊が出るホテルなようで・・・
ディレクターが毎夜出てくる女の子に悩まされていました・・・(汗

そんなシチリアロケ。
最後の最後まで大変でした。パレルモ発の帰りの飛行機が大遅延。
乗り継ぎのマルペンサでダッシュする羽目に・・・・セキュリティも長い行列を突破して行ったため
周りのお客さんたちからものすごい非難ごうごうでした・・・・

帰国して1日後、3曲のうちのもう1曲を都内スタジオで撮影したのですが
みんなボロボロで(更に徹夜になった)大変でした・・・内容もこれまたヘビーで・・・

そんなこんなで激動すぎてテレシネ作業で私、大爆睡してしまいました。
勿論、そんなこと絶対あってはいけないのですが、さすがにこの時ばかりは怒られませんでした・・・

しかしせっかくシチリアくんだりいったのに写真がこれ1枚しかないのが悲しいです・・・

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

WP-SpamFree by Pole Position Marketing